仙光院

真言宗とは

     

【私たちの宗旨・宗派についてご説明いたします。】

当寺は、高野山真言宗に属しており、お大師さま(弘法大師・空海)を宗祖とし、高野山金剛峯寺を総本山とする仏教の宗派で、仏教の心髄の教えを説く密教の宗派で、お大師さまによって日本に伝えられました。根本のみほとけは、宇宙の本体とされる「大日如来」です。大日如来の御真言は「オン アビラウンケン バザラ ダトバン」とお唱えします。高野山真言宗は、お大師さまの御廟を信仰のみなもととする宗派です。

この宇宙のすべてのものは、大日如来の「いのち」のあらわれであり、この「いのち」の世界をあらわしているのが「曼荼羅」とされております。

高野山真言宗の教えは、「いのち」の平等と尊厳をさとり、大日如来の智慧をこの世に実現するために、「生かせいのち」を実践し、共存共生の世界をめざすことにあります。お大師さまは、未来永劫にわたって衆生を救済すると御誓願され、高野山奥之院に入定留身されております。同行二人の信仰のもと大師のみ教えをこの世に生かし実現することが、私たちの務めであり、喜びです。

このページの上に戻る